fbpx

フォローする

出版費用、700万円也。でも諦めない。【谷口総志プロフィール(10/13)】

心電図新世界セミナー谷口総志です。
谷口総志プロフィール
心電図メールレクチャー(3000人突破)
お問い合わせ
・ブログ今何位?
人気ブログランキング
にほんブログ村

はじめまして。

(たにぐちそうし)と申します。

IMG_2253

心電図が苦手な人のための本を書く。

 

そう思い立つやいなや、

さっそく出版社数件に電話を入れ、「本を書きたい」とストレートに訴えかけました。

 

ひとりでも多くの人が“心電図が読める”ことを具現化したいという思い。

そして、子どものころ叔父の死をきっかけに心に決めた“死ぬ前に笑う”という決意。

 

いきなり出版社に電話するなんてずいぶん無謀な行動だと思われるでしょうが、

そんな2つの強い思いがつながり、紐付けされていたわけで、

そのときの僕にとってはいたって自然なことでした。

 

しかし、現実はそう甘くはなかったです・・・。

 

一番安い見積もりを出してくれた出版社でも250万円。

別のある出版社からは、700万円を提示されました。

 

まさかこんなに費用がかかるものだとは知らず、

さすがに一個人では手も足も出ません。

 

しかし、だからといって出版をあきらめる気にはなりませんでした。

 

アイキャッチkeynote.001のコピー2

 

それに、こちらから出版を頼むから高い費用がかかるわけであって、

逆に向こう(出版社)から「ぜひうちで出版を!」となれば、費用はかからないはず。

 

世間には、ブログが出版社の目に止まって本を出すことになった

ブロガーの例もいくつかありましたし、

「自分もブログを書いて出版社の目に止まれば、依頼が来るのではないか?」

そう思ったんです。

 

安易な考えに思われるかもしれませんが、でもそれくらい僕は、

本を書いて心電図で苦しむ人を救うということに真剣でした。

 

そうして、2016年2月にアメブロにて心電図ブログを開始。

これが開始当初から思いのほか好調で、

1日1万人が訪れる人気メディアになりました。

 

うまくいきっこなんてない、そんなまわりの声や自らの不安に惑わされず、

まずはやってみることが大切ですね。

LINE@に友達登録してください

ここまでお読みいただきありがとうございました。
ぜひ谷口総志とLINEでお友達になって下さい。
友達登録していただけると大変嬉しいです。

検索IDは @hotori(@をお忘れなく)です。

友だち追加

心電図の研修に参加しても見方、読み方がわからないあなたへ谷口総志からの提案

3分37秒の自己紹介動画です。

谷口総志がまるっとわかります。

Related posts

谷口総志プロフィール



心電図が読めず苦労した経験を持つ。2008年より心電図のセミナー講師として活動。「本当に心 電図が読めるようになった」と無記名アンケートで満足度98%以上を連発。2016年12月、高知の 講演で100名の席が満席となり急遽増席するも立見が続出するほどの集客力を持つ。講演後、著書 が大ブレイクし、ベストセラーランキング1位となる。現在まで4冊出版しレビュー数が200件と 医学書カテゴリーで圧倒的に支持されている。心電図新世界セミナー谷口総志の理念「一人でも 多くの方に心電図を読むを具現化させる」をミッションとし全国でセミナーを行なっている。 谷口総志のプレゼンは「教える」ではなく「伸ばす」です。日本唯一の「伸ばす」講師です。


=人生のゴール= 「死ぬ前に笑う」
=モットー=「今を楽しく後悔しない人生」
=心電図新世界セミナー理念=「一人でも多くの方に心電図を読むを具現化させる」

谷口総志をもっと詳しく

最新セミナー情報


目が回る勢いです。

全て紹介しきれませんのでこちらからご確認ください。


あなたからのコメントお待ちしています。
質問・疑問、メッセージなんでも構いません
下のコメントボタンを押して谷口総志にメッセージして下さい。
返信させていただきます。

★ブログランキング引っ越しましたので、ぜひクリックいただけると嬉しく思います↓
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>
⇒ 今何位? <にほんブログ村>
なお、いいね!と違って、クリックしたことは誰にもわかりませんしID等も不要です!  

3000名突破♪完全無料の心電図メールレクチャー 一番力を入れています。無料で100本以上のセミナー動画が届きます。 登録後すぐに35分のセミナー動画プレゼント中
⇒心電図メールレクチャー  

谷口総志ってどんな人? プロフィール、セミナー情報、動画教材、書籍などの最新情報満載です。
⇒谷口総志公式ホームページ